閲覧環境

Windows XP SP2 IE6 1280x1024 文字サイズ:中 で快適に見れるようになってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涼宮ハルヒの憂鬱 第14話 「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」

とうとう最終回です。というわけで、画像ちょっと多めでお送りします。

060624a

宇宙人、未来人、超能力者は、ハルヒが望んだから存在するとしても、ごく普通の高校生である自分が、なぜ騒動に巻き込まれているのか納得できないキョン。なーんてね(ぅおいっ!
朝、下駄箱のところで谷口の誤解を解こうとするキョンだったが、あっさり嘘だとばれてますw
ていうか、吹出し出てるよww

060624b

ハルヒのフトモモにときめいた!
しかしなんだか不機嫌なハルヒ。
そしてキョンは、みくるフォルダをちゃっかり隠しにしてるしwww
だけど本人がいる前で観賞するのは如何なものかと・・
案の定、問い詰められるし。それにしても俺もこんな風に問い詰められたい!!(何
そんな2人を見つめる有希(じぇらしー?

060624c

と、そこへハルヒが。着替えようとしますが、出て行かないキョンを追い出します。前までは堂々と着替えてたのに、恥じらいがでてきたんでしょうか。
バニーに着替えるのはいいとしても、耳はいらんやろという突っ込みは無しですかそうですか。

060624d

お持ち帰りしたい(犯罪です

060624e

眠りについたキョンですが、ハルヒに起こされます。目を覚ますとそこはなんと閉鎖空間。キョンの袖を掴んでるハルヒがなんとも(*´д`)
で、キョンが部室で留守番してると、古泉が現れました。しかし、かなり不安定な状態みたいです。
古泉によると、現実世界に愛想をつかしたハルヒが、世界を崩壊させて新しい世界を作ろうとしているらしいとのこと。

キョン「こんな灰色の世界でハルヒと2人っきりか?」

古泉「アダムとイヴですよ、産めや増やせで良いじゃないですか。」

「まったくだ。」(ぇ

060624f

パソコンの電源を入れると、有希と話が出来ました。
しかし長くは持たず、途切れてしまいます。
すると突然、神人が表れました。
キョンはハルヒを連れて逃げます。そして元の世界に戻りたいとハルヒに言いますが、ハルヒはそれを拒絶。
説得すると同時に、自分はハルヒのことをどう思っているのか考えるキョン。
そして・・

060624g

「俺、実はポニーテール萌えなんだ。」
( ゚д゚)この場面でなに言ってんだ!?
「はぁ?馬鹿じゃないn・・っ」
(//ヮ//)
すると、世界が光り輝いて・・・

060624h

ベッドから落ちるキョン。
翌朝、登校してみると、ハルヒがポニテにしてきてました。悪夢を見たと言いつつ、ポニテにしてくるあたりハルヒまじツンデレ。
そして再び、今まで通りのどたばたした日常が始まります・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yuuyuudo.blog67.fc2.com/tb.php/30-d343996a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。