閲覧環境

Windows XP SP2 IE6 1280x1024 文字サイズ:中 で快適に見れるようになってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装錬金 第11話 「死が二人を別つまで」

061214a

早坂姉弟の過去を聞き、その望みも聞きましたが、斗貴子さんは殺る気満々

カズキは、二人はまだ人間だからやり直すこともできると、斗貴子さんを止めようとします

しかしそんなカズキを、秋水先輩は後ろから刺します
ところが桜花先輩がカズキを助け、代わりに傷を負ってしまいました


061214b

斗貴子さんを説得し、核鉄の治癒力でなんとか一命を取り留めます

そんな様子を見ていたパピヨンとムーンフェイス

そこにブラボーが乱入

「「怪しい奴!」」

どっちもな

後日、先輩達が入院している病院をつきとめ、お見舞いに行く一同

エンゼル御前がまんまドラえもんでフイタ

秋水先輩は一足先に退院し、自分に勝つための修行に出ます


次回「カーニバル」
061214c



スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://yuuyuudo.blog67.fc2.com/tb.php/120-18dc1d80

レビュー・評価:武装錬金/#11 死が二人を別つまで
品質評価 20 / 萌え評価 22 / 燃え評価 5 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 62 / お色気評価 10 / 総合評価 22レビュー数 93 件 姉弟を殺そうとする斗貴子にカズキは、「救える命は全部救う」と訴え続ける。斗貴子がたじろいだ瞬間、秋水の刃が、カズキの身体を貫いた……!だ
(アニメ感想) 武装錬金 第11話 「死が二人を別つまで」
武装錬金 4 (4)秋水の口から語られる、早坂姉弟の生い立ちの秘密・・・。全てが語られた時、姉弟に斗貴子の剣が向けられます。しかし、その前に立ちふさがるカズキは、「救える命は全部救う」と訴えるのでした・・・。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。