閲覧環境

Windows XP SP2 IE6 1280x1024 文字サイズ:中 で快適に見れるようになってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おとぎ銃士 赤ずきん 第30話 「ヴィーゼ村の思い出」

070129a

赤ずきんの過去が明らかに

小さい頃は、自分を赤ずきゅんと呼んでいたみたい
そして少し年上のカインといっしょに遊んでいました

赤ずきんの口癖の「ずっきゅーん」はカイン譲りだということが判明

でも11年前のある日、村は狼族に襲われます

カインと赤ずきんは丘の上に逃げますが、赤ずきんの両親とカインの母親が見当たらないので、カインが探しに行きます

しかしカインまで帰ってきませんでした


070129b

悲しかったけど、赤ずきんの笑顔はお日様みたいだって言うカインの言葉に元気付けられて、がんばってこれた

ジェドが襲ってきて戦っていると、ヴァルがカインだという衝撃の事実が明らかに
そして11年前村を襲ったのはジェドだということも
その理由は弟であるカインを始末しに来たというものも

カインのせいで村が襲われたと言い残して、ジェドはその場を後にします

そのことで赤ずきんとヴァルの信頼が崩れていきます・・


新ED
070129c



次回「ふたりの絆」
070129d



スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。